スポンサーサイト

  • 2013.10.31 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミネラル

サプリメントにもそれぞれの効果があります。
ここではミネラルを摂取することを念頭に記します。

ミネラルは、身体を正常に働かせるために欠かせません。

体内でミネラルを必要とする量はわずかですが、加工食品やファーストフードを食べる
機会の多い現代人の私たちにとっては不足しがちといわれる栄養素です。ミネラルが不
足してくると、体の基本となる防御機能、活動機能、生殖機能などの低下を招きます。

ミネラルには、いくつかの種類があります。

■ コエンザイムQ10
年齢とともに不足する肌のコエンザイムQ10を補うことで、肌の細胞が活発に代謝でき
るようになります。いわばアンチエイジング効果のひとつといえます。コエンザイム
Q10
は肌を紫外線による酸化から守ったり、肌の老化を抑えたり、しみ、しわなどの
肌荒れ防止にも効果が期待できます。

■ 亜鉛
亜鉛というのは、たんぱく質やホルモンの合成や遺伝子が働くのに欠かせないミネラル
のひとつです。体の新陳代謝が円滑に行われるよう促してくれるのが亜鉛です。不足する
と肌荒れ、にきび、味覚障害、免疫力の低下、皮膚炎、ホルモンのバランスに影響が出
るなどの症状が出ます。

■ 大豆イソフラボン
「大豆イソフラボン」は女性ホルモンと似た働きをするようです。エストロゲンという
女性ホルモンの分泌低下によって引き起こされる更年期障害も改善が期待できそうです。
また、骨を強くする効果がありますので、特に女性などは骨粗しょう症の予防や改善、
にきびなどの肌荒れ防止効果などもあるので注目しておく必要があります。

■ ローヤルゼリー
ローヤルゼリーは、ミツバチが女王蜂専用につくる食料です。これに手を加えてローヤ
ルゼリーを作ります。たんぱく質や糖分、脂質の三大栄養素と共に、ビタミン、ミネラ
ルの全てがそろった健康食品です。40種類を超える豊富な栄養素が含まれており、バ
ランスに優れています。特に、肌荒れ防止や免疫力アップに加えて、アレルギーを抑え
たり、抗菌作用などもあることから美容効果も高いと評価されています。

■ コラーゲン
コラーゲンは人の体を形成するたんぱく質の約3割を占めており、皮膚や骨などに多く存在しています。また、皮膚を形成する部分である真皮の約7割はコラーゲンからできてい
ます。体内でも生成されますが、加齢ととも急速に衰えていきます。コラーゲンには皮膚
をみずみずしく保つ働きがあり、肌荒れを防いでくれます。コラーゲンを適度に補給する
ことで新陳代謝を活発にして、肌がはりや潤いを保ち、しわやたるみを防ぐことが出来ま
す。

■ ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は近年脚光を浴びています。そのヒアルロン酸とは、体内で水分を保持する
力のある物質のひとつで、ヌルヌルしたゲル状の形で存在し、高い保水機能を持つことが特徴的です。ヒアルロン酸1gで6リットルの保水力を持っているといわれます。
しかし、そのヒアルロン酸も胎児のときの含有量が一番高く、30代から減少しはじめて
40代では激減してしまいます。肌のみずみずしさを保つのに欠かせない成分のひとつで
すから、減少するとシワやたるみや関節痛の原因にもなってしまいます。