スポンサーサイト

  • 2013.10.31 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


紫外線と肌の関係

肌はデリケートなもので、加齢と共に大敵なのは紫外線です。しかし、日常の私たち
の生活では、すべての紫外線をカットすることはできません。そこで、出来る限り紫
外線とうまくお付き合いするためにどうしたら良いかを考えてみましょう。

■ 紫外線がもつ長所
陽に浴びることでビタミンDの形成されて、骨の発育・結核菌の殺菌などに効果あり

■ 紫外線の短所
紫外線を肌に浴びることで防衛反応のために肌は黒くなってゆき、内部ではメラニン
色素が盛んに量を増やし始めます。角質も肌の内部を守るために肥厚して硬くなり、
肌は確実に老化します。

そこで、スキントラブルの予防を考えておく必要があります。
 〇膤粟が強い時間帯の午前10時か午後2時頃までは外出を控えましょう。
◆…校間の直射日光は避けて必ず日除けをしましょう。
 赤みが出て炎症が起こった時は、化粧品を中止して患部を冷やすことが必要です。
ぁ ̄蠑匹ひいたあとは普段よりも丁寧なスキンケアを心がけます。
  リニューアルパックで新陳代謝を活発にするとよいでしょう。
ァヽ綾仍は、少し白めのシルキーパウダーをたっぷりつけましょう。

■ ワンポイントアドバイス
紫外線が一年で最も強い時期は3月頃から4月です。もちろん日差しが強い6月から9
月頃までも手入れは怠れません。夏は注意をしていても紫外線を浴びる機会が多いので
すが、せめて秋口には肌を正常に戻しておくことが必要です。マッサージ・パックをメ
インにスキンケアを行います。

将に、化粧品も出会いがなければ自身に相応し物が見つけられませんよね。